読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k50のフォトログ

写真がうまくなりたいおっさんが気ままに綴るブログ

CTEで夕景を撮ってみる

以前気になっていたホワイトバランスモードのCTE(Color Temperature Enhancement)。調べてみると、これはペンタックス独自のホワイトバランスモードで、AWB(Auto White Balance)が色成分の強いものを弱める働きをするのに対し、CTEは逆に働き、色成分を強める働きをするようで、海や空の青、夕焼けや紅葉の赤を強調するのには良さそうです。
なので夕景が綺麗な近所のビューポイントで撮ってみました。赤色成分が強調される「日陰」でも撮ってみました。

f:id:k50:20160124225302j:plain

f7.1 1/200sec ISO1250 WB=日陰 17:18撮影

まず「日陰」です。見慣れたオレンジの夕景です。もちろんこれも気に入っています。

f:id:k50:20160124225733j:plain

f7.1 1/200sec ISO1250 WB=CTE 17:20撮影

こちらは「CTE」。撮影に2分の時間差はありますが、空が薄紫になり、オレンジから薄紫へのグラデーションで表現されてます。なかなかいいですね。今後CTEの効果を気にしてちょくちょく使ってみようと思います。

f:id:k50:20160124231219j:plain

 望遠で赤みの強いところだけを切り取ると、さずがに暖色しか表現されないので日陰と差が出ませんね。もしかしたら東京タワーの電飾の青色成分に効果が出ているかもしれませんが、比較対象を撮りませんでした。。。(^_^;)

f:id:k50:20160124231734j:plain

やはり広角で撮って、空は青、地平線あたりはオレンジ、とメリハリのある写真になるのが個人的に気に入りました。(^_-)-☆