読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k50のフォトログ

写真がうまくなりたいおっさんが気ままに綴るブログ

マイ機材 - タムロン SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1

ブツ撮りやより接写をするときはやはりマクロレンズを使うのが良いです。このマクロレンズは3rd party品ですが評判も良いようで、コスパも良いし私自身このレンズはかなり気に入っています。

f:id:k50:20160328012616j:plain

褪せぬ玉虫の輝き - k50’s blog

↑ 以前玉虫を撮影してますが、小さな虫の顔でも結構カリカリに写すことが出来ます。

f:id:k50:20160328012808j:plain

それにしてもレンズが随分奥に入っているんですね。。。90mmの画角と言うことはポートレートにも使えそうです。F2.8と明るいので建物の中などでも威力を発揮しそうです。

f:id:k50:20160328013043j:plain

それならば、と言うことで、開催中の東京モーターサイクルショー2016に行ってきました。少しうす暗いイベント会場、ポートレートの練習、このレンズを試すにはもってこいです(^^; ただ90mmだけだとちょっと辛いかもしれません。。。

 

東京モーターサイクルショウ2016 (1)

最初に目を引いたのが台湾メーカーのキムコの電動スクーター「K50 Concept」。

 

東京モーターサイクルショウ2016 (2)

んっ、K50だって。なんか勝手に親しみがわきます(^^♪

 

東京モーターサイクルショウ2016 (3)
2000万円するホンダのRC213V-Sもありました。。。が、全体がフレームに収まらない。。(/_;) 来場客が多いので距離を取って撮るもの難しいです。

 

東京モーターサイクルショウ2016 (4)
KTMのブース上には、モトクロスが飾ってあります。これは少し距離が取れたのでまともに撮れた方です。

 

東京モーターサイクルショウ2016 (5)
今年のmotoGPでは、是非スズキやドカティにも首位争いに入ってもらいたいですね。やはりその方が盛り上がります。

 

東京モーターサイクルショウ2016 (6)

イタリア車っぽくないこのスクランブラー。でもちゃんとL2エンジンで、ちょっと気になります。

 

東京モーターサイクルショウ2016 (7)
やはり90mmだとバイク全体を入れるのが難しくちょっと厳しいですね。こちらはドカティのブースで演奏していた人たちですが、人物なら足が切れてもいいのでいけそうです(^^♪

 ではポートレートにいってみましょう!

ポートレート (1)

ポートレート (2)

ポートレート (3)

ポートレート (4)

ポートレート (5)

ポートレート (6)

ポートレート (7)

ポートレート (8)

ポートレート (9)

ポートレート (10)
どうでしょう?距離もあまり気にせずこんな具合で撮れました。露出をプラス補正しましたがレンズが明るいのでSSも問題ないです。コンパニオン撮影は初めてですが、そこそこ良いのではないでしょうか?自画自賛(^^♪ まぁレンズの選択がちょうど良かったのかもしれません。

「おねえちゃんレンズ」と言うと85mm画角のレンズですが、90mm(35mm換算で135mm)ぐらいがちょうど良いのではないかと思います。

このタムロンは私にとっての「おねえちゃんレンズ」になりました。

 

f:id:k50:20160328034158j:plain

おにいちゃんも撮ってみました。。。