読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k50のフォトログ

写真がうまくなりたいおっさんが気ままに綴るブログ

鈴鹿で8耐を観戦

イベント 流し撮り

鈴鹿の夏の風物詩「鈴鹿8時間耐久ロードレース 」を見に行きました。鈴鹿の天候は晴れ、今年も暑い。(^_^; 

レンズは70-300mmと念の為18-55mmの標準ズームも持っていきました。今回は1脚も準備し流し撮り対策もバッチリ(?)です。

鈴鹿8耐(メインストレート)
観戦ポイントは最終コーナー、シケイン130Rをメインに撮影しました。

 

鈴鹿8耐(1周目のシケイン)
8耐名物のル・マン式スタートは動画で撮影した為、写真は撮りませんでした。写真は1周目のシケインを駆け抜けるライダー。今年は最初からライトが点灯しています。レギュレーションが変わったようです。なんかさみしいですね。。。終盤で点灯するほうが気分が盛り上がります。

鈴鹿8耐(最終コーナーからの眺め)
最終コーナーからの眺め。白子の町とその先に伊勢湾が見えます。

鈴鹿8耐(130Rからの眺め)
130R辺りからの眺め。一度スタートしてしまうと日中は暑いので屋根付きスタンドのお客もどこかへ退避するのでしょう。結構席が空いてます。。。

鈴鹿8耐(メディア)
メディアの人は大変です。8時間戦わなければなりません。

私も1脚を取り付け戦いましょう (^_-)-☆ 130R流し撮りです。まずはテレ端300mmでどこまでいけるか!

鈴鹿8耐流し撮り(250分の1)
1/250秒 まぁ、私の腕はともかく、当たり前ですが問題の無い写りです。

鈴鹿8耐流し撮り(200分の1)
1/200秒 これももちろん問題の無い範囲。

鈴鹿8耐流し撮り(160分の1)
1/160秒 写真を大きくしてみると、結構モヤッとしますが、まぁOKですね。

鈴鹿8耐流し撮り(125分の1)
1/125秒 手持ちではこれぐらいを結構やりますが、失敗写真も膨大に作られます。

鈴鹿8耐流し撮り(100分の1)
1/100秒 の割には、結構いいのではないでしょうか。自画自賛(^_^;) 1脚の効果でしょうかねぇ。。。

鈴鹿8耐流し撮り(80分の1)
1/80秒 だいぶ被写体がぼんやりしてきました。テレ端はもう厳しい。(>_<

鈴鹿8耐流し撮り(50分の1)
1/50秒 なんとか300mmで撮りました。

鈴鹿8耐流し撮り(30分の1)
1/30秒 少しワイド側に回して撮影。優勝したヤマハファクトリーチーム。ゼッケン21と赤い腕章は分りますが、、、ちょっと厳しいですね。

鈴鹿8耐流し撮り(25分の1)
1/25秒 これはもう没作品と言えますね。。。写真を大きくしても、ヘルメットのAraiの文字が辛うじて読めるぐらいです。

鈴鹿8耐流し撮り(20分の1)
1/20秒 限界です。これ以上は無理でしょう。

鈴鹿8耐(残り30分弱)
レース終了の19:30まで残り30分切りました。この暑い中ライダーたちはよく頑張ったと思います。あともう少し頑張れ!

鈴鹿8耐スローシャッター(1
1.6秒 スローシャッターで光跡を残してみます。1脚なので少しぶれます。HITACHIやMOTULの看板の文字も少しぼやけてます。

鈴鹿8耐スローシャッター(2秒)
2秒 スタンドのコンクリートのところに1脚を押し付けガッツリ固定してるつもりですが、やはり左右の回転が多少は発生してしまうのでしょうね。。。こういうのを撮るんならやはり3脚が必要ですね。

鈴鹿8耐(終了)
レース終了。お疲れ様でした! 日中退避していたメインスタンドのお客さんも既に戻ってきていてライダーたちを盛大な拍手で労います。この後花火が上がり鈴鹿の暑い夏が終わります。

が、ここでバッテリー切れ。花火はスマホで撮りました。。。(>_<)

f:id:k50:20160802043250j:plain

しょぼ。。。(>_<)

何はともあれ、今年もヤマハが優勝し、いいレースを観戦することが出来ました。来年の40周年大会にも来れれば来たいと思います。